地物

​中伊勢で採れる新鮮な果物が美味しい!食材や特産品がいっぱい。地元の製法にふれながら多彩な食をご堪能ください。

 

This is a great space to write long text about your company and your services. You can use this space to go into a little more

detail about your company. Talk about your team and what services you provide. Tell your visitors the story of how you came

up with the idea for your business and what makes you different from your competitors. Make your company stand out and

show your visitors who you are. Tip: Add your own image by double clicking the image and clicking Change Image.

​○松阪牛

松阪地方では、古来、農業が機械化されていなかった時代に、役牛として優秀な但馬(兵庫県)生まれで、紀州(和歌山県)で1年を過ごした雌牛を好んで購入していたといわれています。牛は農耕用として3、4年が過ぎると次第に太り、「太牛」と呼ばれる立派なものに仕上がって、日露戦争の頃には上質の肉牛として売り出されていました。その後、肥育農家や関係者の努力により、松阪地方の牛は次第に名を高め、1935年(昭和10年)に東京芝浦市場で開かれた「全国肉用牛畜産博覧会」で最高の名誉を獲得し、全国に最高級肉牛「松阪牛」として名声を広めたといわれています。「肉の芸術品」とも呼ばれる松阪牛は、松阪地方の肥育農家によって支えられています。現在は、全国から厳選された優秀な子牛を導入し、平均3年という年月の間、1頭1頭惜しみなく世話を続け、伝統を守りつつ工夫を重ねながら「松阪牛」というブランドを築き上げています。稲わら、ふすま、大豆粕、大麦など、牛の健康状態を見極めながら配合したえさや、牛の食欲増進のために与えるビール、焼酎でのマッサージなど、心を込めて飼育されています。松阪牛は、優れた資質、豊かな自然の中での行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、その味の素晴らしさは国内のみならず、世界から賞賛を受けています。

​○松阪牛

松阪地方では、古来、農業が機械化されていなかった時代に、役牛として優秀な但馬(兵庫県)生まれで、紀州(和歌山県)で1年を過ごした雌牛を好んで購入していたといわれています。牛は農耕用として3、4年が過ぎると次第に太り、「太牛」と呼ばれる立派なものに仕上がって、日露戦争の頃には上質の肉牛として売り出されていました。その後、肥育農家や関係者の努力により、松阪地方の牛は次第に名を高め、1935年(昭和10年)に東京芝浦市場で開かれた「全国肉用牛畜産博覧会」で最高の名誉を獲得し、全国に最高級肉牛「松阪牛」として名声を広めたといわれています。「肉の芸術品」とも呼ばれる松阪牛は、松阪地方の肥育農家によって支えられています。現在は、全国から厳選された優秀な子牛を導入し、平均3年という年月の間、1頭1頭惜しみなく世話を続け、伝統を守りつつ工夫を重ねながら「松阪牛」というブランドを築き上げています。稲わら、ふすま、大豆粕、大麦など、牛の健康状態を見極めながら配合したえさや、牛の食欲増進のために与えるビール、焼酎でのマッサージなど、心を込めて飼育されています。松阪牛は、優れた資質、豊かな自然の中での行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、その味の素晴らしさは国内のみならず、世界から賞賛を受けています。

​○松阪牛

松阪地方では、古来、農業が機械化されていなかった時代に、役牛として優秀な但馬(兵庫県)生まれで、紀州(和歌山県)で1年を過ごした雌牛を好んで購入していたといわれています。牛は農耕用として3、4年が過ぎると次第に太り、「太牛」と呼ばれる立派なものに仕上がって、日露戦争の頃には上質の肉牛として売り出されていました。その後、肥育農家や関係者の努力により、松阪地方の牛は次第に名を高め、1935年(昭和10年)に東京芝浦市場で開かれた「全国肉用牛畜産博覧会」で最高の名誉を獲得し、全国に最高級肉牛「松阪牛」として名声を広めたといわれています。「肉の芸術品」とも呼ばれる松阪牛は、松阪地方の肥育農家によって支えられています。現在は、全国から厳選された優秀な子牛を導入し、平均3年という年月の間、1頭1頭惜しみなく世話を続け、伝統を守りつつ工夫を重ねながら「松阪牛」というブランドを築き上げています。稲わら、ふすま、大豆粕、大麦など、牛の健康状態を見極めながら配合したえさや、牛の食欲増進のために与えるビール、焼酎でのマッサージなど、心を込めて飼育されています。松阪牛は、優れた資質、豊かな自然の中での行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、その味の素晴らしさは国内のみならず、世界から賞賛を受けています。

​○松阪牛

松阪地方では、古来、農業が機械化されていなかった時代に、役牛として優秀な但馬(兵庫県)生まれで、紀州(和歌山県)で1年を過ごした雌牛を好んで購入していたといわれています。牛は農耕用として3、4年が過ぎると次第に太り、「太牛」と呼ばれる立派なものに仕上がって、日露戦争の頃には上質の肉牛として売り出されていました。その後、肥育農家や関係者の努力により、松阪地方の牛は次第に名を高め、1935年(昭和10年)に東京芝浦市場で開かれた「全国肉用牛畜産博覧会」で最高の名誉を獲得し、全国に最高級肉牛「松阪牛」として名声を広めたといわれています。「肉の芸術品」とも呼ばれる松阪牛は、松阪地方の肥育農家によって支えられています。現在は、全国から厳選された優秀な子牛を導入し、平均3年という年月の間、1頭1頭惜しみなく世話を続け、伝統を守りつつ工夫を重ねながら「松阪牛」というブランドを築き上げています。稲わら、ふすま、大豆粕、大麦など、牛の健康状態を見極めながら配合したえさや、牛の食欲増進のために与えるビール、焼酎でのマッサージなど、心を込めて飼育されています。松阪牛は、優れた資質、豊かな自然の中での行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、その味の素晴らしさは国内のみならず、世界から賞賛を受けています。

|    トップページ    |  

|  中伊勢温泉郷  |    中伊勢温泉郷施設一覧  |    湯巡り手形について  |    湯巡りスタンプリレー当選者  |    歩み・マスメディア  | 
|  中伊勢の旅   |    春夏秋冬カレンダー  |    食楽  |    地物  |    体験  |    観光  |    自然  |   文歴  | 

​|  ノルディック    |    東海ノルディックウォーキング連絡協議会  |    中伊勢温泉郷ノルデックレポート・おすすめコース  |

​|  アクセス      |    中伊勢温泉郷マップ  |    事務局お問合せ  |    地域活動しませんか?  |

中伊勢温泉郷観光推進協議会       (事務局)〒514-0015 三重県津市西丸之内1-1家城ビル3階                                   TEL059-227-3621

東海ノルディックウォーキング連絡協議会  (事務局)〒510-0241   三重県 鈴鹿市白子駅前21-8 ナガノスポーツ店内(長野) TEL059-386-6111

つながるーむFamie内          (案内所)〒514-0003 三重県津市桜橋3-446津サティ1F本屋横                           TEL 090-6584-1138

三重県観光連盟             (案内所)〒514-0009  三重県津市羽所町700 アスト津2階                                   TEL:059-224-5904

津市観光協会                                                 (案内所)〒514-0009    三重県津市羽所町700番地 アスト津1F                                TEL:059-246-9020

伊賀上野観光協会                                            (案内所)〒518-0873 三重県伊賀市上野丸之内122-4                                              TEL:0595-26-7788

名張市観光協会                                                (案内所)〒518-0729 三重県名張市南町822-2 名張産業振興センター1階           TEL::0595-63-9148

アサギマダラの郷 sayuri tsu mie
青山ガーデンリゾートホテルローザブランカ

Copyright (C) 2013-2016 nakaiseonsenkyou Corporation. All Rights Reserved.